フリーで稼いでいくために大切な思考法【走りながら考える】

Hello World.

フリーのビデオグラファーとして、映像制作を行っているハルトです!

フリー(個人)で稼いでいく、もしくは生きていく上で大切なことって何だと思いますか?

僕は、起業失敗などの経験をした上で感じるのが‥。

「リスクを恐れすぎない」ことです。

ということで、今回は「走りながら考える」というテーマで語ってみようと思います。

リスクを恐れすぎるとチャンスを逃す!

中田 暖人:手を伸ばす人

挑戦をしないとチャンスは来ません‥。

言い換えると、チャンスは自ら動いて掴むものということです。

当たり前のことを言ってすみません‥。

  • 税金の知識がないから稼ぐか迷う
  • クライアントワークのやり方がわからないから仕事を取るのが怖い

リアルでもネット上でも、こういった相談や悩みを聞くことがあります。

たしかに不安ですよね。

僕も不安でした‥今も怖いことだらけです。

この相談に対して、僕は毎回こう答えています。

「その時になってから考えたらいい。」

恐れすぎたら、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

怖がらずトライです。

とりあえずは、走りながら考えましょう!

先の心配より目の前のことにフォーカスするべき

厳しいことを言いますが、先のことなんて、いくら考えたって今の状態では解決できません。

「稼ぎすぎたら、税金の申告をしないといけない‥」

その心配‥まずは稼いでからですよね。

稼げてないのであれば、そもそも稼ぐ方法から勉強する必要があります‥。

正直なところ、少ない金額でも「自分の力だけで稼ぐ」ってのが1番難しかったです。

そして、税務署も鬼ではないので、遅れたとしてもしっかりと相談すれば、ちゃんと対応してくれます。

怖がるのは、もっと後で大丈夫です。

一歩ずつ確実にステップアップ

イメージとしては、目の前の壁を一つずつ壊していく感じです。

先のことを考えすぎて行動できない人の大半は、頭の中に無数の壁が存在していると思います。

中田 暖人:悩む人の図

こんな感じ‥、Canvaで作りました笑。

実際に僕もそうでした。

「あれもしなきゃ、これもしなきゃ‥!」

マルチタスクは、やっぱり効率も悪くなるので、一つずつ確実に「一点突破」をしていくのが、僕の経験上でベストなでした。

「走りつつ‥ぶつかった壁を壊していく‥。」

これがフリー(個人)で稼ぐために、大切な思考法だと断言します!

ビデオグラファーとして初めての仕事は勢いで取りました。

中田 暖人:カメラをもつ男性

少しだけ自分語りをさせてください。

隙あらば自分語りってやつですね‥笑。

実は‥観光客相手に3,000円で作った動画、これが初めてビデオグラファーとして受けた仕事です。

先のことは考えてなかった

たまたまカップルが、タイマーをセットしてiPhoneで写真を撮っていたので‥。

「良かったら撮影しますよ!」

と声をかけて、自分のカメラで撮影して、その場で編集して写真を渡しました。

そうすると‥。

「プロのカメラマンですか?」

と言われたので、勢いで‥。

「はい!」

「映像がメインのフリーのカメラマンです。」

と答えてしまいました笑。

テンパりすぎたので‥。

「良かったら、3,000円くらいで動画作りますよ?」

と言ってしまい‥それが、なぜか快諾されました。

受けたものは意地でもやり切るしかないよね

次の日に撮影をする約束をして、その日はとりあえず家に帰りました。

帰ってから‥。

「音楽どうしよう?」

となり、色々調べて著作権フリーの「Artlist」という有料サイトに急いで登録しました。

カメラも買ったばかりで、使い方すら慣れてない状態だったので、部屋でひたすら設定と練習。

気づいたら夜中になってました‥笑。

当日の撮影をやり切る

半日くらい共に行動し、なんとか撮影だけは乗り切りました。

日中の撮影もしたことなかったので、露出オーバーだったり‥背伸びしてlog撮影したりと‥。

今思うと、本当にめちゃくちゃでした。

でも、これは挑戦してみたからこそ経験できたことです。

先のことを考えすぎなかったので、勢いが出せましたし、やらなきゃいけない状態になると、意地でも取り込もうとします。

という、ビデオグラファーとしての第一歩は、こんな泥臭いスタートでした。

走りながら考えよう!

中田 暖人:走る人たち

どう足掻いたって、自分のキャパに近いことしかできないです。

先のことは、その時になってから考えても、意外となんとかなるので、まずは走って目の前の壁のことにフォーカスするべき!

必要なことは自然と付いてくる。

心配しなくても、気づけばスキルや知識は身についていきます。

「百聞は一見にしかず」

という言葉の通り、実際に問題と直面しないと、予習をしても対応できないことばかりです。

失敗しても死にはしない。

究極の逃げ道ですが、失敗しても死ぬわけではないので、いくらでも取り返すチャンスはあります。

「裸で生まれてきたから、全てなくしたってプラマイゼロ」

的なことを、誰かが歌ってました。

極端すぎるけど、ほんとうにその通りですよね。

実際に、僕は起業に失敗して借金も背負いましたが、今こうやってビデオグラファーとして新しい道を歩んでます。

怖がらずに挑戦して、経験としてストックしていきましょう!

ということで、今日のお話を終わりにします。

少しでも、あなたの背中を押せたら幸いです。

中田 暖人:サムネイル画像
最新情報をチェックしよう!