【独学のコツ】独学で動画クリエイターを目指すために必要なこと!【映像制作】

Hello World.

フリーでビデオグラファーをしているハルトです!

『独学で動画クリエイターを目指すのって大変そう‥』

こんな悩みや不安を抱えていませんか?

今回は『独学で動画クリエイターを目指すために必要なこと』といったテーマで語っていきます。

これから独学で映像制作を始めてみようと考えている方に、ぜひ読んで欲しい記事です。

※編集だけをする『動画編集マン』ではなく、撮影から編集までを行う『ビデオグラファー』を前提にして進めていきます。

動画編集マンとビデオグラファーの違いについては、下記の記事で解説しています。

解説記事は作成中‥。

独学で動画クリエイターになるには『自己解決能力』が必須です!

街を撮るカメラマン

自己解決能力って?

ざっくりと説明すると、自分自身で課題に気づき‥それを乗り越えていく力のこと。

そのまま過ぎますね‥笑。

映像制作に限らず、独学は常に1人です‥。

『聞ける相手がいない』

『どうやって調べたら良いかわからない』

こんな場面を1人で乗り越えていく必要があります。

僕自身も、独学で映像制作を学びましたが、聞ける相手がいないのは本当に辛かったです。

そして、試行錯誤していくうちに『自己解決に大切な要素』に気づきました。

自己解決に大切な2つの要素

  1. 課題に気づく力
  2. リサーチ力

上記2つの要素は、自己解決するために本当に大切なことになります。

1.課題に気づく力

今の自分には『何が足りないか?』に気づくことが非常に重要です。

当たり前ですが、独学ではスクールのように常に課題を渡される訳ではありません。

自分で課題に気づいて行かなければ、前に進むことができないです。

『ここ1週間、ほとんど変化ない‥』

みたいなことになってしまう可能性があります。

では、気づく力をつけるにはどうするべきか?

他のクリエイターの動画と比べよう!

とにかく、自分の引き出しを増やすしかありません。

他クリエイターの動画や映画、アニメなどでも注意して観ると、気づきがあるはずです。

そして、積極的に自分の映像と比べてみてください。

『このトランジションかっこいいな』

『どうやって、この色合いにしてるんだろう?』

こんな感じで、自分に足りないものが見つかってきます。

例えば、トランジションの付け方は、撮影方法・編集と2パターンがありますし、色合いに関しては『カラーグレーディング』という技術も関わってきます。

『カラーグレーディング』を調べると『Log撮影』という言葉にもきっと出会うはずです。

そうやって、気づきをドンドン広げていきましょう!

1つのキーワードから次々と派生していくイメージです。

2.リサーチ力

課題に気づく力がついたら、次はリサーチ力が大切になってきます。

『どうやって調べたら良いんだろう?』

気づいたことを調べだすと、きっとこの壁にぶつかるはずです。

頭の中では『こうしたい!』というのが浮かんでるけど、正式名称が分からないと調べようがないですよね‥。

ググればGoogleに載ってない情報は、今の世の中ほとんどありません。

ということは、調べ方を知っていたら、どんなことでも見つけ出せるということです!

では、どんな調べ方があるのでしょうか?

そのまま言葉にしてみる

例えば、僕の場合は『ディゾルブ』というトランジションの名称が最初分からなくて‥。

『プレミア 徐々に透明になる トランジション』

と調べました笑。

そうすると、このように検索結果にディゾルブが出てきます。

スクリーンショット
『そのまま言葉にしてみる』

すごく単純だけど、かなり役に立つリサーチ方法です!

分からないときは、そのまま言葉にしてみましょう。

英語で調べてみる

日本語での情報が少ないなら、Youtubeで英語で調べてみるのもオススメです。

特に『DaVinci Resolve』という動画編集ソフトなんかは、日本語でのチュートリアルがまだ少ないので、僕はほとんど海外の動画で勉強しました。

Youtubeは自動翻訳ができる!
『英語苦手なんだよな‥』

大丈夫です。

YouTubeは自動翻訳ができるので、カタコトでも内容は十分に理解できます笑。

スクリーンショット

映像制作に関しては、言葉よりも編集画面の方が大切だったりもするので、見様見真似で編集方法を実践するだけでも大きな収穫です。

そして、海外の方が情報も早かったりします!

スマホのブラウザをGoogle Chromeに変える

Googleはユーザーの検索履歴などから、ユーザーが求めている情報を表示してくれる機能があります。

広告なんかで、ピンポイントに興味のある広告が流れるのは、Googleがユーザーの検索思考などをロボットで管理してくれてるからです。

広告業界では『リターゲティング』と呼ばれたりもしていますね!

気になる方は、下記の記事を読んでみてください。

今さら聞けない・・・リターゲティング広告の基本的な仕組みを理解しよう

そして、スマホの『Google Chrome』というブラウザでは、普段検索している情報を元にアプリのトップページに、近い内容のページをズラッと表示してくれます。

実際の画面はこんな感じです。

スクリーンショット

僕は言語自体を英語にしているので、英語の記事がピックアップされてます。

ちなみに、これはブログ界隈で『Google砲』と呼ばれたりしてますね!

Google砲とは?Google砲を狙うために必要なコト

こちらも僕の記事ではないですが、しっかりまとめられていてかなり勉強になりますよ!

ダウンロードは、Googleの公式からしてみてください。

Google Chrome をダウンロードしてインストールする

Twitterも活用してみる

意外なのが、Twitterでも有益な情報が流れていることですね。

映像系のインフルエンサーをフォローして、通知をオンにしておけば、プッシュ通知で情報収集ができます。

通知のオンは、プロフィール画面のベルマークを押すと設定完了です。

スクリーンショット

勝手にUssiyさんを使ってすみません‥。

ちなみに、Ussiyさんもフォローしておくのがオススメですね!

映像系の発信をしているアカウントで、参考になりそうな人を見つけておきましょう!

※有名すぎる人は、映像系の発信をしない可能性が高いので注意です。
フォロワー1万人前後か、それ以下の方がベスト!

最後に

カメラのレンズを持つ人

ざっくりですが『独学で動画クリエイターを目指すために必要なこと』をご紹介してみました。

もともとブログなどに詳しい方であれば、おそらく知ってる情報が多かったと思います。

ですが、僕は最初にすごく悩んだ部分なので、同じように悩んでる方へ向けて、この記事を書きました!

映像制作を独学でマスターするのは、本当に大変ですが『コツ』というものも存在するので、焦らず自分のペースで進めていきましょう!

ということで、今回の記事は終わります。

空を見上げる人
最新情報をチェックしよう!